ハーネス/ケーブルの共有/ 設計変更の反映に困っていませんか?

■下記のような状況でお困りではありませんか?

● 汎用ケーブルは、1製品でのみ図面作成。他製品では出図せずに部品手配時にBOM上で調整するのみ。
● 対象ケーブルに設計変更が生じた際、どの製品に影響するかがわからない。
● 担当者が自ら情報収集、製品毎に設計変更による影響分析や辻褄合わせを行っている。

 

【汎用ケーブルの管理不十分、変更時の影響範囲不明】

 

TIPSをダウンロードして設計環境改善による解決方法を確認しましょう!

資料ダウンロード