EOL部品対応に困っていませんか?

■下記のような状況でお困りではありませんか?

● EOLによる影響範囲を全てのプロジェクトに渡り、人手で調査している。
● 代替部品変更による影響箇所の修正が必要であり、影響範囲把握ミスによる設計手戻りが発生している。
● 図面流用時にEOLになっている部品が使用されていないか人手で確認している。

 

【EOL時の修正図面/影響範囲把握を人手で判断】

 

TIPSをダウンロードして設計環境改善による解決方法を確認しましょう!

資料ダウンロード