ケーブルの空間引き回しは、いつ検討していますか?

■下記のような状況でお困りではありませんか?

● 試作機を使った配策検討において、ケーブル長の過不足や、必要な経路がないことが発覚し、手戻りとなる。

● 3DCADによるケーブルのモデリングは、データの重さや操作性が課題となり、定着しない。

● 次期モデルを3Dデータで検討する際に、ケーブルモデルがないため経路を考慮した検討ができない。

 

【試作機を使用したケーブル配策検討】

TIPSをダウンロードして設計環境改善による解決方法を確認しましょう!

資料ダウンロード