標準化した回路ブロックを活用し回路設計を効率化しませんか?

■下記のような状況でお困りではありませんか?

● 設計ごとに一から回路を作成しているため作図に時間がかかっている。

● 同じ機能に対して設計者ごとに異なる構成の回路を作成してしまうため部品の調達やコストが管理できていない。

● 機能単位での品質が情報として蓄積されていないため作成した回路すべてに対して検図を行う必要がある。

 

【設計者依存の回路設計環境】

TIPSをダウンロードして設計環境改善による解決方法を確認しましょう!

資料ダウンロード