回路図と連携した盤レイアウト検討を行いませんか?

■下記のような状況でお困りではありませんか?

● 回路図に配置された部品をレイアウト図上に配置し忘れる。

● おおよそのサイズの部品でレイアウト検討を行うため、正確な干渉確認ができず実機での調整を要する。

● 回路図変更時に盤レイアウト検討図面の修正漏れが発生する。

 

【回路図を確認しながら盤内レイアウトを検討】

TIPSをダウンロードして設計環境改善による解決方法を確認しましょう!

資料ダウンロード