電装設計の仕様/仕向情報のトレース/設計変更に困っていませんか?

■下記のような状況でお困りではありませんか?

● 仕様/仕向情報の名称が部署間で異なり、解釈の違い・個別検討による設計ミスが発生
● 構想から詳細への落し込み時に人が解釈する必要があり、ムダな工数とチェックミスが発生
● 設計変更時に仕様/仕向情報のトレースに多大な工数が発生し、影響範囲の考慮漏れや反映漏れも発生

 

【仕様/仕向の名称ルールが統一されておらずムダ発生】

TIPSをダウンロードして設計環境改善による解決方法を確認しましょう!

資料ダウンロード