電装設計の詳細設計フェーズにおいて検図結果や設計変更理由を把握することに困っていませんか?

■下記のような状況でお困りではありませんか?

● 検図指摘は紙図面に記載し設計担当とやり取りしているため、指摘箇所、修正箇所、修正理由などが当時の担当者以外には分からず、エビデンスに辿り着けない
● 特別対応をした箇所や理由が設計データに紐づいて明確に残っていないため、設計変更の対応を誤ったり、同じ間違いを繰り返すことがある

 

【図面上の特殊対応箇所、対応理由が不明確】

TIPSをダウンロードして設計環境改善による解決方法を確認しましょう!

資料ダウンロード